おおむら歯科医院

医院紹介 院長紹介 インプラント 審美歯科 歯周病 総合治療 義歯 技工士紹介 減菌・消毒
審美歯科 審美歯科 セラミック症例 セラミック症例
  
審美歯科とは
 審美歯科といえば、単に歯を白くすることだけを想像しがちですが、実際は口の中の病気や、病気により崩れた咬み合わせ・歯並びを治し、口元を美しくするための治療法を意味します。かぶせ物(冠、クラウン)をする時には、自然に笑うことができるようにあらかじめ歯と歯茎の位置を整えたり、かぶせ物の影響で歯茎が炎症をおこし、境目が黒く(ブラックマージン)ならないよう、十分な配慮が必要となります。したがって、審美的に満足する 結果を得るためには、高度な専門的知識と専門的技術が求められることになります。
 かぶせ物の材料は、一般的にセラミックが使用されます。

ラミネートベニア
 歯の表面をほんのわずかだけ削り、薄いセラミックを接着性セメントで張り付ける方法(爪につける付け爪のような感じです)。歯の形(幅、長さ、傾きなど)や色をある程度自由に変えることができます。
オールセラミッククラウン
 金属を使用せずに全てをセラミックで仕上げたかぶせ物。
美しい色と透明感をだすことができます。1本ずつかぶせる場合には最適です。
メタルセラミッククラウン
 金属のフレームにセラミックを焼き付けたかぶせ物。
上手に行えば、美しい色と透明感をだすことができます。ブリッジやクラウンをつなぐ必要がある場合には最適です。
電鋳クラウン
 薄い純金のフレームにセラミックを焼き付けたかぶせ物。
色、透明感、強度ともオールセラミッククラウンとメタルセラミッククラウンの中間の性質を持ちます。1本ずつかぶせる場合に用います。
      
 
Copyright(C) 2007-2012OHMURA Dental Clinic.All Rights Rserved.